利用方法 getting started

ホーム > 利用方法

リアルタイムサービス(Ntrip方式)

ご利用いただく機器

  • GPS受信機
  • 受信機用アンテナ
  • コントローラ(Ntripインターネット配信対応)
  • その他GPS測位に必要な機材(ケーブル等)

接続例説明図1

接続例説明図2

接続方法・配信データフォーマットの種類はどうでしょうか?

弊社のNtripサービスでは、Ntrip機能内蔵コントローラもしくは、SmarTripソフトウェアから、Ntrip配信接続先のURL、ポート番号、ユーザID、パスワードの4項目を初期設定するだけで、簡単に多種多様なフォーマットによるリアルタイム配信が受けられる準備が整います。

Ntrip配信フォーマットは・・・

VRS配信
RTCM2.3、RTCM3.0、CMR、CMR+、CMRx
RRS配信
RTCM2.3、RTCM3.0

ご契約いただいたお客様は全てご利用いただけます。


ダウンロードサービス

インターネットより弊社ホームページ(URL:www.gpsdata.co.jp)の『データ利用会員様』にアクセスします。なお、まだ会員でないお客様は接続テストサービスをご覧ください。また、ダウンロードデータはRINEX形式にてお手元のPCへダウンロードされます。

ダウンロードイメージ図

後処理VRSをご利用のお客様

入力データ
  • 観測日付
  • 観測時間(何時何分〜何時何分まで)
  • 観測点の緯度、経度、楕円体高

後処理RRSをご利用のお客様

入力データ
  • 観測日付
  • 観測時間(何時何分〜何時何分まで)
  • 電子基準点名あるいは局番号

公共測量での利用

公共測量での利用 1

弊社配信サービスは「ネットワーク型RTK-GPSを利用する公共測量作業マニュアル(案)」に適合しています。本マニュアルには下記の項目が明記されています。

移動局で利用した観測地域周辺の基準局配置図を配信事業者から提供を受け、資料として添付する。

弊社での対応

弊社の配信サービス契約をお受けになられている方は、弊社ホームページよりお客様が観測された地域を指定することにより基準局配置図をPCにダウンロードすることができます。

公共測量での利用 2

弊社配信サービスは「ネットワーク型RTK-GPSを利用する公共測量作業マニュアル(案)」及び「RTK-GPSを利用する公共測量作業マニュアル」において下記の作業でご利用いただけます。

測量の区分 VRS RRS 後処理RRS
1級基準点 × × ○ (スタティック)
2級基準点 × × ○ (スタティック)
3級基準点 ○ *1 ○ *2 ○ *3
4級基準点 ○ *1 ○ *2 ○ *3
街区基準点 ○ *4 ○ *2 ○ *3
地形・応用測量 ○ *1 ○ *2 ○ *3
  • *1 直接観測法、間接観測法(2台同時観測方式、1台準同時観測方式)にて利用可能
  • *2 「RTK-GPSを利用する公共測量作業マニュアル」の間接観測法にて利用可能
  • *3 スタティックまたは短縮スタティックにて利用可能
  • *4 「ネットワーク型RTK-GPSを利用する公共測量作業マニュアル(案)」の間接観測法にて利用可能

VRS測量方式

VRS測量の観測法は、直接観測法、間接観測法(2台同時観測、1台準同時観測)の3通りございます。各観測法はPDFダウンロードにてご紹介いたしております。

VRS測量方式

Get Adobe Reader